つつじが丘接骨院|シンスプリント・オスグッド・シーバー病の症状を専門外来を開設して治療、テーピング、ストレッチ、サポーター。

079-568-5599
メールでのお問い合わせはこちら
map
トップページ院長紹介受診までの流れ地図・アクセスよくある質問ご予約・お問い合わせ

シンスプリント外来

シンスプリント外来患者様からの声

シンスプリント外来 症例紹介①

シンスプリント外来 症例紹介②

オズグット外来

オズグット外来患者様からの声

オスグッド外来 症例紹介

シーバー病・踵骨骨端症外来

シーバー病・踵骨骨端症 症例紹介

受診予約はこちら

特許所得 装具療法

装具製作ラボ東京のご案内

足底筋膜炎・踵骨棘の装具製作について

種子骨障害インソール製作について

へバーデン結節装具製作について

前外側シンスプリント治療について

問診票

問診票ダウンロード
問診票に記入されましたら、ファックス、メール、郵送にて当院まで送りください。

Mobile Site

左のQRコードを読み込んで頂くと、携帯サイトがご覧頂けます。

よくあるご質問

トップページ»  よくあるご質問

よくお尋ねいただくご質問についてまとめてみました。

シンスプリント外来の治療法についてのご質問

1.装具をすることで本当にすぐスポーツに復帰できるのですか?
シンスプリント外来にこられる方の90%以上は次の日からスポーツに復帰されています
当院のシンスプリント診断基準においてGradeⅠの症状でしたら、
来院していただ いた次の日より何の支障もなくスポーツをしていただけます。
ただし、GradeⅡやGradeⅢ以上の症状になると疲労骨折もしくは,
その疑いが強い状態となりますので、別の装具が必要な場合があります。
そのような状態でも、期間を置いてから再発の心配なくスポーツの復帰が可能となります。

※当院のシンスプリント診断基準についてお知りになりたい方は、こちらのページ。
なぜたった1日の通院でシンスプリントが治るのか!(クリックしてください)
2.本当に一回の通院だけで済むのでしょうか?
当院のシンスプリント治療は装具することで症状を治療していこうというものです。
ですので、何回も通院していただく必要はありません。
また、装具を製作した後、それまでされていた治療を続ける必要は全くありません。
装具をしながら、今まで通りスポーツをしていただくことで症状は改善していきます。
3.シンスプリント装具は大きなものなのでしょうか? 
 スポーツをするのに支障はないのでしょうか?
シンスプリント装具は患者さまの脚の形状に合うように製作します。
それを専用のベルトにて装着します。
スポーツの際の激しい動きにも充分耐えることができます。ご心配の必要はありません。
4.通院するのに何か用意するものはありますか?
ご来院される際に特別必要なものはありません。
5.支払いは総額でいくらくらいかかるものなのでしょうか?
片足だけなのか、それとも両足とも作製するのかで違ってきますが、
  • 片足だけの場合…初診料=1000~1500円
    装具代=3800円
  • 装具固定用ベルト700円×2個  
    総額=およそ6000~7000円ということになります。 
  • 両足の場合…初診料=1000~1500円
    装具代=7000円
  • 装具固定用ベルト700円×4個  
    総額=およそ11000~12000円ということになります。

装具製作ラボでの装具製作の場合、装具代金は同じですが、
装具製作費、測定費などが実費となります。
詳しくは、料金についてのページをご覧ください。

※1 こども医療などの福祉助成を使われる場合は初診料が変わります。(兵庫県にお住いの場合)
※2 疲労骨折が強く疑われる場合や症状があまりにも強い場合は、
   日常用の装具も必要になる場合があります。(数百円程度)その場合は料金が変更になります。   

 

オスグッド外来の治療法についてのご質問

1.装具をすることで本当にすぐスポーツに復帰できるのですか?
オスグッド外来に来られるお子さんのほとんどは次の日からスポーツに復帰されています。
ほとんどのお子様は次の日よりスポーツに復帰されていますが、
オスグッド症の炎症が強い場合、効果が現れるまで数日~数週間かかる場合があります。
炎症症状が落ち着き始めると次第に装具の効果が現れてきます。
また、炎症を早く落ち着けるために別のサポーターをお貸しする場合もあります。
また、オスグッド症の状態において、その部分(脛骨粗面)が剥離骨折を起こしてる場合、
そのような状態では、効果が発揮されない場合があります。
そのような場合は、整形外科の専門医にご相談されることをお勧めしています。
2.本当に一回の通院だけで済むのでしょうか?
当院のオスグッド症に対する治療は装具することで症状を治療していこうというものです。
ですので、何回も通院していただく必要はありません。
また、装具を製作した後、それまで受けていた治療を続ける必要は全くありません。
装具をしながら、今まで通りスポーツをしていただくことで症状は改善していきます。
3.オスグッド症の装具は大きなものなのでしょうか? 
 スポーツをするのに支障はないのでしょうか?
オスグッド症の出っ張り部分を覆うような形になっていますが、大きなものではありません。
スポーツをしていても活動の妨げになるようなものではありませんし、
激しい動きをしていただいても問題はありません。
4.支払いは総額でいくらくらいかかるものなのでしょうか?
片側だけなのか、両側とも作製するのかで違ってきますが、
  • 片側だけの場合
  • 初診料=1000~1500円
    装具代=6000円  
    総額=およそ7000~8000円ということになります。
  • 両側の場合
  • 初診料=1000~1500円
    装具代=11000円 
    総額=およそ11000~12000円ということになります。

装具製作ラボでの装具製作の場合、装具代金は同じですが、
装具製作費、測定費などが実費となります。
詳しくは、料金についてのページをご覧ください。

※ こども医療などの福祉助成を使われる場合は初診料が変わります。(兵庫県にお住いの場合)

装具製作ラボ(東京都渋谷区)についてのご質問

1.すぐに伺いたいのですが、スケジュールを教えてください。
申し訳ありませんが、装具製作ラボは月1回だけしか開催しておりません。
詳しくは、装具製作ラボ東京のご案内にてご確認ください。
予約状況は随時更新しております。
2.何回か通院しなくてはいけないのでしょうか?
当院の装具療法は装具することで症状を治療していこうというものです。
装具をしていただくことで痛みがなくなって、治っていきます。
ですので、他の治療法のように何回も通院していただく必要はありません。

装具をしながら、今まで通りスポーツをしていただくことで症状は改善していきます。
3.装具の受け取りはどうなるのでしょうか? 
特別な事情(装具製作の時間がないなど)を除いて、2回来ていただくことはありません。
製作した装具は当日に効果を確認していただいてからお渡ししています。
4.装具代金はいくらくらいになりますか?
装具製作ラボでは装具製作費、測定費などが実費となります。(一律5000円)
詳しくは、料金についてのページをご覧ください。
5.装具製作ラボではシンスプリントとオスグッドの装具しか作っていないのでしょうか?
ホームページではシンスプリント、オスグッドの装具製作と記載していますが、
シーバー病、種子骨障害、足底筋膜炎、へバーデン結節にも対応しています。
詳しくは、当院までご相談ください。

数か月も踵が痛い!(千葉県 小学生 サッカー)

症例紹介

数か月も痛みが続いています

症例紹介

治ったら早くサッカーをしたいとのこと

シーバー病外来のページで動画に出ていただいたこのお子さんは、シーバー病になって数か月が経過しています。最近では歩くことさえ痛みが伴うようになってきました。治療をしても全く治る気配がないということで来院されました。シーバー病専用装具をすることでその日から劇的に痛みが改善されます。このまま痛みが取れればサッカーの復帰もすぐ近くです。