つつじが丘接骨院|シンスプリント・オスグッド・シーバー病の症状を専門外来を開設して治療、テーピング、ストレッチ、サポーター。

079-568-5599
メールでのお問い合わせはこちら
map
トップページ院長紹介受診までの流れ地図・アクセスよくある質問ご予約・お問い合わせ

シンスプリント外来

シンスプリント外来患者様からの声

シンスプリント外来 症例紹介①

シンスプリント外来 症例紹介②

オズグット外来

オズグット外来患者様からの声

オスグッド外来 症例紹介

シーバー病・踵骨骨端症外来

シーバー病・踵骨骨端症 症例紹介

受診予約はこちら

特許所得 装具療法

装具製作ラボ東京のご案内

足底筋膜炎・踵骨棘の装具製作について

種子骨障害インソール製作について

へバーデン結節装具製作について

前外側シンスプリント治療について

問診票

問診票ダウンロード
問診票に記入されましたら、ファックス、メール、郵送にて当院まで送りください。

Mobile Site

左のQRコードを読み込んで頂くと、携帯サイトがご覧頂けます。

オスグッド外来 症例紹介

トップページ»  オスグッド外来 症例紹介

数か月もオスグッドの痛みが取れない!(北海道 小学生 サッカー)

症例紹介

この数か月サッカーをしていません

症例紹介

北海道から来ていただきました

彼はサッカーをしている小学生の患者さんです。北海道から来ていただきました。実は東京の装具製作ラボに来ていただくのは2回目です。1回目はシーバー病で装具を作りに来ていただきました。その時は1年患っていたシーバー病が1回で治ったのです。今回はオスグッド病になってから、何をしても治らないということで東京まで来ていただきました。装具療法は1回だけでもしっかりと効果を発揮してくれるから何回も通院する必要はないのです。すぐにサッカーに復帰することが出来ました。

オスグッドが数か月も治らない!(兵庫県 中学生 バスケットボール)

症例紹介

左の変形がすごく強いです

症例紹介

エコー画像でも左の変形が強いのがわかります

症例紹介

数か月も経過しています

中学生の彼はオスグッド病が数か月間続いています。いろいろな治療をされてきたとのことですが、全く治る気配がありません。バスケットをするとすぐに痛みが出てきます。当院のオスグッド専用装具を装着することで痛みが取れます。翌日からはバスケットボールに復帰しています。

1年半前からオスグッドが治らない!(兵庫県 小学生 バスケットボール)

症例紹介

正面からの変形の様子

症例紹介

斜めからの変形の様子

症例紹介

女の子でもオスグッドを発症します

彼女は小学校でバスケットをしている活発な女の子です。オスグッド病は男子ばかりと思われがちですが女子でも発症します。なんと1年半前から痛みが取れないで悩まれてきましたが、オスグッド専用装具をすると、次の日からバスケットに復帰出来ました!とお母様からご連絡をいただきました。当院のオスグッド専用装具は装着することで効果を発揮してくれます。

半年間も整体に通っていたのに治らない!(兵庫県 中学生 バスケットボール)

症例紹介

見た目よりも変形が強い

症例紹介

変形の強さは斜めから見るとよくわかります

症例紹介

半年も整体に通っていましたが、さっぱり治りません

彼は中学でバスケットをしています。オスグッドになって既に半年、その間ずっと整体に通っていましたがさっぱり治りません。変形も強く、もう痛みが取れないのではないかと考えていたそうですが、オスグッド専用装具をしていただくことで翌日からバスケットボールに復帰しています。当院のオスグッド専用装具は何回も通院することなくしっかりと治ります。

サッカーの遠征試合に間に合った!(兵庫県 小学生 サッカー)

症例紹介

変形はそれほどでもありませんが痛みが強い

症例紹介

サッカーの強豪チームに所属しています

症例紹介

エコー観察でも強い変形はありませんが痛みが強い

彼は小学生で、ある強豪サッカークラブに所属しています。オスグッドになって時間は経過していませんが、痛みが強くサッカーができない状態が続いています。右膝の装具を製作して痛みが取れ遠征試合に間に合いました。ところが程なくして左側の痛みが出ていたということで再度来院され装具を製作しました。当院のオスグッド装具はなぜ症状が出るのか?ということを突き詰めて考えています。だからこそしっかりとした効果が出るのです。何回も通院することなく、1回の通院でしっかりと治ります。

シーバー病が治った後にオスグッドに!(岡山県 小学生 サッカー)

症例紹介

変形は強くはありませんが痛みは強いです

症例紹介

シーバー病で装具療法をされた経緯があります

症例紹介

サッカーは絶対に休みたくはないということです!

岡山県から来ていただきました。彼は小学生のサッカーチームで活動しています。実は彼は数か月前にシーバー病が治らないということで装具療法で治ったという経緯があります。シーバー病が治ったと思ったらオスグッドになってしまいました。変形は強くはありませんが痛みが強くサッカーはできそうにありません。装具を製作することで翌日からの練習に参加されています。彼の症状の原因は走り方にあります。そこを改善しなければなりません。ただし、装具療法はこのようなお子さんでもしっかりと効果を発揮してくれます。オスグッドの原因を理解しているからこそ、装具療法という治療に行き着くのです。   

両膝ともにオスグッドに!(兵庫県 中学生 サッカー)

症例紹介

痛みが強く再発を繰り返しています

症例紹介

サッカーをしながら治したいという希望です

症例紹介

画像検査でもはっきりとした変形が認められます

実はお子さんは以前当院での治療をされています。その時は変形もそれほどではななかったこと、初めての膝の痛みだということ、お家が当院に近いということで炎症用のサポーターで様子を見ていました。その時は経過もよかったのですが、やはり本格的にオスグッドを発症してしまったのです。彼は中学生のサッカーチームでプレーしており、休みたくはないということで装具療法を選択されました。オスグッド装具を装着することで翌日からのサッカーの練習も可能になります。装具療法はオスグッド初期の状態から、高校生の難治例まで対応できる画期的なものです。原因と発症のメカニズムを考えつくしているからこその治療なのです。   

両膝のオスグッドの変形が強く痛い!(兵庫県 中学生 野球)

症例紹介

写真で見るよりも変形は強い

症例紹介

横から見ると大きく盛り上がっています

症例紹介

できるだけ野球を休むことなく治したい

彼は野球をしていますが、ここ数か月前から両膝のオスグッドの痛みで悩まされています。歩いたり、朝起きた時の痛みも伴っているということで、炎症が相当に進んでいるようです。このような場合は、まず患部の炎症を抑えることを目的として、装具を製作する前に炎症を退かすためのサポーターを装着していただきます。それを1~2週間装着して炎症を抑えてから装具を製作するのがベターなのです。この彼もそのような経過を経て装具を作ることで、オスグッドの痛みが劇的に改善されるのです。なぜオスグッドが発症するのかということを突き詰めて考えているからこそ、このような治療効果が生まれてくるのです。

手術の後でも痛みが続く!(兵庫県 高校生 バレーボール)

症例紹介

手術の後が痛々しいです

症例紹介

珍しいケースですが手術をしても痛みが続いています

症例紹介

この装具でしっかりと痛みが取れて治ります!

この高校生の患者さんはオスグッド病で手術までされました。通常手術をすることで痛みは改善さるはずですが、いざバレーボールに復帰するとやはり痛みが出てきてしまいます。その後も治療はされましたが治りません。当院のオスグッド外来に来られてオスグッド病専用装具を製作して装着すると、その日から痛みが取れました。翌日からはバレーボールに復帰されています。

オスグッドになって既に3年目!(兵庫県 中学生 サッカー)

症例紹介

変形が強く、骨が飛び出ています

症例紹介

高校でもサッカーがしたいとの希望

症例紹介

かなり変形が強くなっています

彼はサッカーをしています。中学1年生の頃からオスグッドで、既に中学3年生ですが症状は残ったままです。骨の変形も強く、高校生になってもサッカーがしたいとのご希望があり来院されました。もっと早くに来ていれば、ここまで症状が進行することもないのですが、ここまで変形が強いと外見の改善は望めないと思われます。しかし、装具を製作すると症状は明らかに改善されるのです。それは、この装具がオスグッドの原因そのものを抑え込むことができるからなのです。

まだまだご紹介できる症例はたくさんあるのですが、順次公開していきます。
わかりやすい症例を中心に載せさせていただいております。
これからも症例を通して、装具療法の良さを紹介していきたいと考えています。