つつじが丘接骨院|シンスプリント・オスグッド・シーバー病の症状を専門外来を開設して治療、テーピング、ストレッチ、サポーター。

つつじが丘接骨院
トップページ院長紹介受診までの流れ地図・アクセスよくある質問ご予約・お問い合わせ

シンスプリント

シンスプリント外来

シンスプリント外来患者様からの声

シンスプリント外来 症例紹介①

シンスプリント外来 症例紹介②

オスグッド

オスグッド外来

オスグッド外来患者様からの声

オスグッド外来 症例紹介

シーバー病

シーバー病・踵骨骨端症外来

シーバー病・踵骨骨端症 症例紹介

受診予約はこちら

特許所得 装具療法

装具製作ラボ東京のご案内

足底筋膜炎・踵骨棘の装具製作について

種子骨障害インソール製作について

へバーデン結節装具製作について

前外側シンスプリント治療について

問診票

問診票ダウンロード
問診票に記入されましたら、ファックス、メール、郵送にて当院まで送りください。
シンスプリント・オスグッド・シーバー病専門外来のブログ2

Mobile Site

左のQRコードを読み込んで頂くと、携帯サイトがご覧頂けます。

シンスプリントの特徴

トップページ»  シンスプリントの特徴

シンスプリントは成長期からその競技のエキスパートにまで発症してしまうスポーツ障害です。
特にスポーツ競技や運動を始めたばかりの人に多く発症する特徴を持っています。またシンスプリントは、治ったとしてもすぐに再発してしまう可能性が高いというやっかいな特徴を持っています。少し楽になっても練習を再開するとすぐに痛みが元に戻ってしまうのです。

このような痛みを感じては休み、再開するとまた痛むというサイクルを繰り返すと慢性化させやすいため注意が必要です。シンスプリントをしっかりと治したいのであれば、適切な治療法を見つけ早急に治療することが最適です。

脛(すね)に痛みを生じる障害の代表

シンスプリントは脛骨に沿って痛みを生じる障害の代表です。
骨と筋肉がくっついている骨膜が炎症を起こして痛くなると考えられてきましたが、近年の研究では脛骨そのものの炎症、骨挫傷であるということがわかってきました。骨折したときのような激しい痛みが出ることもあれば、鈍痛だけを感じるような場合など様々な痛みがあるのが特徴です。
しかし、シンスプリントが酷くなれば歩くだけでも脛に痛みを感じ、それでも我慢して運動などを行えば最終的には疲労骨折を起こす危険もあるので注意が必要です。

シンスプリントと疲労骨折について

シンスプリントによって炎症が起こると、その周辺の筋肉などにも影響を与え衝撃を吸収することができなくなってしまいます。そのような状態が継続してしまうことで、そのような衝撃はそのまま骨に伝わることになり、やがて骨折に繋がってしまうのです。疲労骨折になってしまうと治療も長期になります。また日常生活にも大きな影響が出てきてしまいます。

当院はシンスプリント・オスグッドの専門外来のある接骨院です。
シンスプリントの多くはテーピングやストレッチ、マッサージなどで治すことが可能です。しかし、どのようなことをしても治らないような方がたくさんいらっしゃるのも事実なのです。そのような方のために当院ではオリジナルの装具を装着しシンスプリントを治します。

この治療法は運動を継続しながら行うことができるためとてもおすすめです。
長期間シンスプリントで悩まれていたという方でも装具を装着したその瞬間から痛みに悩まされることなく、練習を再開することができることでしょう。シンスプリントでお悩みの方はぜひ当院にお任せください。