つつじが丘接骨院|シンスプリント・オスグッド・シーバー病の症状を専門外来を開設して治療、テーピング、ストレッチ、サポーター。

つつじが丘接骨院
トップページ院長紹介受診までの流れ地図・アクセスよくある質問ご予約・お問い合わせ

シンスプリント

シンスプリント外来

シンスプリント外来患者様からの声

シンスプリント外来 症例紹介①

シンスプリント外来 症例紹介②

オスグッド

オスグッド外来

オスグッド外来患者様からの声

オスグッド外来 症例紹介

シーバー病

シーバー病・踵骨骨端症外来

シーバー病・踵骨骨端症 症例紹介

受診予約はこちら

特許所得 装具療法

装具製作ラボ東京のご案内

足底筋膜炎・踵骨棘の装具製作について

種子骨障害インソール製作について

へバーデン結節装具製作について

前外側シンスプリント治療について

問診票

問診票ダウンロード
問診票に記入されましたら、ファックス、メール、郵送にて当院まで送りください。
シンスプリント・オスグッド・シーバー病専門外来のブログ2

Mobile Site

左のQRコードを読み込んで頂くと、携帯サイトがご覧頂けます。

オスグッドに早めに気づき対策を

トップページ»  オスグッドに早めに気づき対策を

小学生高学年~高校生ごろまでの思春期のあたりの3~4年間が成長期にあたります。
お子様は成長期に一気に身長が伸びるため、膝や足首、ふくらはぎなどに不定期の痛みが生じることがあります。その痛みを総称して成長痛と呼ばれています。成長痛は多くのお子様が経験する痛みで、マッサージのような治療でも痛みが軽減される場合もありますが、まったく効果のない場合も多々あります。

 

しかしその痛みの原因が成長痛ではなく、重篤なスポーツ障害の場合もあるのです。
様々な治療法がありますので早期発見・早期治療が何よりも大切です。成長期のスポーツ障害と呼ばれているオスグッドは治りの経過も悪く注意が必要な痛みのひとつです。
小さい頃から、サッカーや野球、テニス、バスケットボールなどのチームに入って、毎日のように練習に明け暮れているスポーツ大好きなお子様をもつ親御さんもいらっしゃると思います。

 

スポーツに参加することで体力がつき、筋肉量も増え、友人も増えることでコミュニケーション力もつくなど様々なメリットがあるのですが、その反面、成長痛やスポーツ障害を患ってしまう可能性もありますので知っておく必要があると思います。
過度な運動をして身体に負担をかけすぎてしまうと、軟骨組織が多い成長期のお子様の骨は痛みが伴いやすく、オスグッドになりやすいのです。

 

オスグッドを患ってしまうことで、スポーツの度に痛みが生じてしまい、せっかくの仲間との楽しい時間が無くなってしまいます。また、その治療にあたっていて休んでいる間にライバルと差がついてしまう可能性もあるので、休むことを極端に嫌がるお子様もいらっしゃいます。
そこで当院では、装具を装着することでスポーツを休むことなく症状を軽減してくれる画期的な治し方をおすすめしています。(装具療法)

当院は兵庫県にあるのですが、多くの患者さまからのご要望により東京にもシンスプリントとオスグッドの装具製作を行うラボを開設しました。兵庫県は遠くて足を運べないという方はぜひそちらにお越しください。