つつじが丘接骨院|シンスプリント・オスグッド・シーバー病の症状を専門外来を開設して治療、テーピング、ストレッチ、サポーター。

つつじが丘接骨院
トップページ院長紹介受診までの流れ地図・アクセスよくある質問ご予約・お問い合わせ

シンスプリント

シンスプリント外来

シンスプリント外来患者様からの声

シンスプリント外来 症例紹介①

シンスプリント外来 症例紹介②

オスグッド

オスグッド外来

オスグッド外来患者様からの声

オスグッド外来 症例紹介

シーバー病

シーバー病・踵骨骨端症外来

シーバー病・踵骨骨端症 症例紹介

受診予約はこちら

特許所得 装具療法

装具製作ラボ東京のご案内

足底筋膜炎・踵骨棘の装具製作について

種子骨障害インソール製作について

へバーデン結節装具製作について

前外側シンスプリント治療について

問診票

問診票ダウンロード
問診票に記入されましたら、ファックス、メール、郵送にて当院まで送りください。
シンスプリント・オスグッド・シーバー病専門外来のブログ2

Mobile Site

左のQRコードを読み込んで頂くと、携帯サイトがご覧頂けます。

オスグッドになりやすい環境

トップページ»  オスグッドになりやすい環境

膝関節における慢性の痛みの一種であるオスグッドになってしまう患者さんの多くが、成長期の小学生高学年から中学生が多かったことから、成長過程における痛みではないかと考えられてきました。しかし、オスグッドの発症の原因は「成長」ではなく、「環境」ということがわかってきました。ここでは、オスグッドになりやすい環境についてご紹介いたします。

体の歪み

スポーツで同じようにハードな練習をしていても、なぜオスグッドになる人とならない人がいるのでしょうか。オスグッドの痛みを発症する場合、太ももの前の筋肉(大腿四頭筋)が硬くしこりになっていることが多くあります。そのしこりができる原因の一つに姿勢があります。オスグッドで悩んでいる人の多くは、姿勢が悪く、お尻が下がってしまうような骨盤が後傾した猫背の姿勢をしています。
正しい姿勢は体重が筋肉や骨にバランス良く分散されるので負担が少ないのですが、日常生活で姿勢が悪くなると体が歪み、足首、膝、股関節など一部の骨や筋肉に負担がかかってしまいます。さらにスポーツで負荷をかけることにより、大きな筋肉の太ももに運動以上の負荷がかかってしまうのです。日頃から姿勢を正すよう意識することが大事です。

痛みを我慢した運動

痛みが発症しても、適切な処置と休養を与えてあげることで、ほとんどの場合は治ります。
しかし、痛みを我慢しながら運動を続け、患部への適切なマッサージやアイシング、ストレッチなど誤った対処を繰り返すことで慢性化していってしまいます。練習中に「ケア」の時間を作ることも大切です。

当院のオスグッド病やオスグッドシュラッター病の治し方は、専用の装具を装着する装具療法です。市販のサポーターやテーピングとは違い、オスグッドの治療のために研究し作られたオリジナルの装具です。オスグッドに関する質問、悩みなどお気軽に当院までご連絡ください。