つつじが丘接骨院|シンスプリント・オスグッド・シーバー病の症状を専門外来を開設して治療、テーピング、ストレッチ、サポーター。

つつじが丘接骨院
トップページ院長紹介受診までの流れ地図・アクセスよくある質問ご予約・お問い合わせ

シンスプリント

シンスプリント外来

シンスプリント外来患者様からの声

シンスプリント外来 症例紹介①

シンスプリント外来 症例紹介②

オスグッド

オスグッド外来

オスグッド外来患者様からの声

オスグッド外来 症例紹介

シーバー病

シーバー病・踵骨骨端症外来

シーバー病・踵骨骨端症 症例紹介

受診予約はこちら

特許所得 装具療法

装具製作ラボ東京のご案内

足底筋膜炎・踵骨棘の装具製作について

種子骨障害インソール製作について

へバーデン結節装具製作について

前外側シンスプリント治療について

問診票

問診票ダウンロード
問診票に記入されましたら、ファックス、メール、郵送にて当院まで送りください。
シンスプリント・オスグッド・シーバー病専門外来のブログ2

Mobile Site

左のQRコードを読み込んで頂くと、携帯サイトがご覧頂けます。

シンスプリントなどのスポーツ障害

トップページ»  シンスプリントなどのスポーツ障害

スポーツは人間の体や精神を健康にしてくれるものですが、活動時間やフォームが適切に行わなければ怪我をしやすくなったり長期の治療期間を要したりするものにもなります。
こちらでは、スポーツ障害の基礎知識についてご紹介します。

スポーツ障害とは?

スポーツでは、関節や筋肉を伸ばす・縮める・ひねる・ねじるといった様々な動きがあります。
スポーツ障害はスポーツでのそうした動作により、体全体もしくは一部分を酷使しすぎることで発生します。専門的には「使いすぎ(オーバーユース)症候群」と呼ばれるものです。
例えば大阪は野球熱の高い地域ですが、バッティングではしっかり踏み込むことでスイングに体重を乗せることが基本となります。しかし、踏み込む側の足には大きな負荷がかかるため、アキレス腱や肉離れに悩むプロ選手も多いです。

スポーツ障害として良くある例

シンスプリントやオスグット病などの他、足がつる、肉離れ、突き指などもスポーツが原因であれば総じてスポーツ障害と呼ばれます。例えば、足がつる(こむら返り)のはスポーツ障害の事例としてよくあるものです。足がつってしまう原因として筋肉の疲労や血行不良・発汗によるミネラルの不足といった理由も推測されます。シンスプリントなどに限らず治療が必要になるほどのスポーツ障害を回避するためには、運動前・運動中・運動後のケアを十分に行うことがポイントです。

長くスポーツを続けるために

スポーツ障害にも様々なものがあり、中には長期の治療期間を必要とするため長くスポーツを楽しむことができなくなる場合も少なくありません。例えば陸上競技などのように慢性的な脚部の不安があって、シンスプリントを理由に何ヶ月もトレーニングできないのは精神的にもとても辛いものではないでしょうか。

当院ではシンスプリントでお悩みの方向けに装具療法をご提案しています。
東京では装具製作ラボでお受けしております。何回も通院していただく必要はありません。神奈川・埼玉・千葉からもお気軽にお越しください。