つつじが丘接骨院|シンスプリント・オスグッド・シーバー病の症状を専門外来を開設して治療、テーピング、ストレッチ、サポーター。

079-568-5599
メールでのお問い合わせはこちら
map
トップページ院長紹介受診までの流れ地図・アクセスよくある質問ご予約・お問い合わせ

シンスプリント外来

シンスプリント外来患者様からの声

シンスプリント外来 症例紹介①

シンスプリント外来 症例紹介②

オズグット外来

オズグット外来患者様からの声

オスグッド外来 症例紹介

シーバー病・踵骨骨端症外来

シーバー病・踵骨骨端症 症例紹介

受診予約はこちら

特許所得 装具療法

装具製作ラボ東京のご案内

足底筋膜炎・踵骨棘の装具製作について

種子骨障害インソール製作について

へバーデン結節装具製作について

前外側シンスプリント治療について

問診票

問診票ダウンロード
問診票に記入されましたら、ファックス、メール、郵送にて当院まで送りください。

Mobile Site

左のQRコードを読み込んで頂くと、携帯サイトがご覧頂けます。

シンスプリントになりやすい人の特徴

トップページ»  シンスプリントになりやすい人の特徴

スネの内側の骨が痛くなる症状のシンスプリントは、初期段階であれば痛みがあっても動いたりすることが可能です。しかし、症状が酷くなると歩くのはもちろん、立っているだけでも痛みがあり、さらに悪化すると疲労骨折を引き起こしてしまいます。そのため、早めの治療を始めるのがシンスプリントでは重要となります。
では、そのシンスプリントはどのような人がなりやすいのでしょうか?

運動量や瞬発力を多く必要とされるスポーツをしている人

スポーツをしている人ならば、殆どの人がシンスプリントになる可能性があると言えます。
ですが、特にシンスプリントになりやすいスポーツは運動量や瞬発力を多く必要とされるスポーツです。これはシンスプリントを発症する脛骨への負担が大きく、炎症を起こしやすいからです。
長い距離を走るマラソンや、激しい動きが要求されるサッカー、野球、バスケットなど、ほとんどのスポーツはシンスプリントになりやすいスポーツと言えます。つまり、これらのスポーツをしている人はシンスプリントになりやすい環境にあると言えます。

運動を始めたばかりの人

近年は健康ブームということもあり、体力作り、ダイエットのためにマラソンを始めようと考える人は多くいらっしゃいます。確かに、自身の健康を気にするのはとても大切なことですが、普段運動をしない、もしくは何年もスポーツとは縁遠い生活を送ってきた人がいきなり運動を始めた場合、シンスプリントは起きやすくなってしまいます。急激な筋肉や骨への負担は、シンスプリントを発症させてしまいやすい状況なのです。

そのため、運動をする前にはストレッチや準備運動をしっかりと行うことが大切です。
また、運動を始めたばかりの人には最初の段階でオーバーワークをしてしまうことが見られますので、まずは激しい運動を控え、ウォーキングなどの比較的軽い運動から始めると良いでしょう。
また、脚に負担のかからないランニングフォームにすることも必要なのです。

その他にも、シンスプリントになりやすい人の特徴はありますが、特にシンスプリントになりやすい人の特徴をご紹介しました。シンスプリントは放っておいても治らないことが多々あります。炎症を起こしてしまい、硬くなってしまった筋肉や脛骨の炎症はそう簡単に取れません。もしシンスプリントになってしまったら、お早目に当院にご相談ください。

数か月も踵が痛い!(千葉県 小学生 サッカー)

症例紹介

数か月も痛みが続いています

症例紹介

治ったら早くサッカーをしたいとのこと

シーバー病外来のページで動画に出ていただいたこのお子さんは、シーバー病になって数か月が経過しています。最近では歩くことさえ痛みが伴うようになってきました。治療をしても全く治る気配がないということで来院されました。シーバー病専用装具をすることでその日から劇的に痛みが改善されます。このまま痛みが取れればサッカーの復帰もすぐ近くです。