つつじが丘接骨院|シンスプリント・オスグッド・シーバー病の症状を専門外来を開設して治療、テーピング、ストレッチ、サポーター。

つつじが丘接骨院
トップページ院長紹介受診までの流れ地図・アクセスよくある質問ご予約・お問い合わせ

シンスプリント

シンスプリント外来

シンスプリント外来患者様からの声

シンスプリント外来 症例紹介①

シンスプリント外来 症例紹介②

オスグッド

オスグッド外来

オスグッド外来患者様からの声

オスグッド外来 症例紹介

シーバー病

シーバー病・踵骨骨端症外来

シーバー病・踵骨骨端症 症例紹介

その他

受診予約はこちら

特許所得 装具療法

装具製作ラボ東京のご案内

装具製作ラボ福岡のご案内

費用について

足底筋膜炎・踵骨棘の装具製作について

種子骨障害インソール製作について

へバーデン結節装具製作について

前外側シンスプリント治療について

問診票

問診票ダウンロード
問診票に記入されましたら、ファックス、メール、郵送にて当院まで送りください。
シンスプリント・オスグッド・シーバー病専門外来のブログ2

Mobile Site

左のQRコードを読み込んで頂くと、携帯サイトがご覧頂けます。

子どものスポーツ障害の症状

トップページ»  子どものスポーツ障害の症状

少年野球 お子様が野球やサッカー、バスケット、バレーボールなどのスポーツをしているご家庭も多いのではないでしょうか。スポーツをしているとケガや障害はつきものです。

小中学生や高校生の年代には、シンスプリントやオスグッドなどのスポーツ障害がありますが、これらが進行してしまうとスポーツを断念しなくてはならない結果となる可能性もあります。

これらの症状は早期に発見し対処することが大切ですが、親やコーチの目を気にして自覚症状を訴えないお子様もいらっしゃいます。
こちらでは、大切なお子様の体の変化に気づき、間違った治し方を選択しないためにも、スポーツ障害の症状についてご紹介いたします。

スポーツ障害の可能性が考えられる症状

スポーツ障害よって痛みを生じる箇所はひじ・ひざ・足・腰など、特に下半身に集中します。以下のような症状が見られたら注意が必要です。

  • 走っている時にいつもと違って、どこかをかばうような走り方をしている。
  • ジャンプやダッシュを繰り返した時に痛そうにしている。
  • スポーツの後に脚やひざ・腰を痛がっている。
  • 朝起きてきた時、脚やひざを痛がっている。
  • 普段の歩き方がいつもと違って痛そうにしている。

子供さんによっては、練習を休みたくないために痛みが出ていることを黙っていたり、治療のために通院しているのにもかかわらず、痛みが退かずのまま漫然と通院だけを繰り返していたりというようなお子さんもいらっしゃいます。

また、いつまでも練習を休まされることで、食欲が減ったり怒りやすくなったりなどのストレスが表れる場合もあります。日常生活を送るなかで、このような症状が見られたらスポーツ障害の可能性が考えられますので早急に対処しましょう。

保護者やスポーツ指導者として子どもを守ってあげられるように、テーピングの巻き方やスポーツ障害の知識を備えておくことも大切です。

当院はシンスプリントやオスグッドの専門外来がある接骨院です。市販のサポーターとは違い、スポーツをしながら痛みを治すことのできる装具を製作して施術を行っております。
通院も何回も繰り返すことなく、基本的には1回の通院のみで治すことが可能なものです。

当院の装具はオリジナルで特許を取得しておりますので、安心してご利用いただけます。
また、シンスプリント・オスグッド以外にも、シーバー病・踵骨骨端症外来などもございますので、これらの症状でお悩みの方は、ぜひ一度ご相談ください。