つつじが丘接骨院|シンスプリント・オスグッド・シーバー病の症状を専門外来を開設して治療、テーピング、ストレッチ、サポーター。

つつじが丘接骨院
トップページ院長紹介受診までの流れ地図・アクセスよくある質問ご予約・お問い合わせ

シンスプリント

シンスプリント外来

シンスプリント外来患者様からの声

シンスプリント外来 症例紹介①

シンスプリント外来 症例紹介②

オスグッド

オスグッド外来

オスグッド外来患者様からの声

オスグッド外来 症例紹介

シーバー病

シーバー病・踵骨骨端症外来

シーバー病・踵骨骨端症 症例紹介

その他

受診予約はこちら

特許所得 装具療法

装具製作ラボ東京のご案内

装具製作ラボ福岡のご案内

費用について

足底筋膜炎・踵骨棘の装具製作について

種子骨障害インソール製作について

へバーデン結節装具製作について

前外側シンスプリント治療について

問診票

問診票ダウンロード
問診票に記入されましたら、ファックス、メール、郵送にて当院まで送りください。
シンスプリント・オスグッド・シーバー病専門外来のブログ2

Mobile Site

左のQRコードを読み込んで頂くと、携帯サイトがご覧頂けます。

ブログメニュー (症状・原因についての解説)

トップページ»  ブログメニュー»  オスグッド外来の患者さま

オスグッド外来の患者さま

  • 件 (全件)
  • 1

オスグッド外来の患者さま① 続き(兵庫県宍粟市・バレーボール)

では、前回の続きをから記事を続けます。

この患者さま、高校生の彼ですが、

なぜ手術をしても痛むのか?ということです。

オスグッドの手術例

一般的な経過では、手術をして、

オスグッドで離れてしまっている骨をくっつける手術なり、

あるいは、その骨を除去するような手術をします。

それで症状が落ち着いてくれるはずなのです。

しかし、今回のケースではそれが効果を表してくれないのです。

では、そこまでしても痛むというのは、なぜなのでしょうか?

これは、あくまでも推測なのですが、

今回、手術をしたことで彼のオスグッドの骨の剥離は治っているはずです。

手術を担当したドクターも大丈夫との診断をしてくれています。

しかし、今回オスグッドが治ったのだとしても、

バレーボールに復帰することで、

オスグッドが発症した時と同じ負荷がかかったのではないかと考えるのです。

つまり、症状が治ったのだとしても、原因までは排除できていないということです。


オスグッドの手術例3

あらためて、オスグッドになっているのと同じことです。

つまり、原因を排除できない限りは、

症状は再発してしまうということです。

これはオスグッドに限らず、どのような症状でも同じです。

当院の装具療法は、

なぜオスグッドになるのかということを考えて製作しています。

だから、再発することなく、効果が持続するのです。



兵庫県三田市  つつじが丘接骨院
東京都渋谷区  装具製作ラボ



2016-01-25 19:19:30

コメント(0)

折りたたむ

オスグッド外来の患者さま①(兵庫県宍粟市・バレーボール)

今回はオスグッド外来の患者さまのケースを紹介しましょう。

これまではオスグッド病の記事についてはあまり書いていませんが、

これから書いていきたいと考えています。

さて、この患者さまですが、

宍粟市(しそうしと呼びます)という兵庫県の北部にある街から来ていただきました。

この彼は高校生でバレーボールをしていますが、

小学生の頃からオスグッドを患っています。

しかし、その痛みが高校生になっても続くということで手術をされています。

オスグッドの手術例

ご覧のようにオスグッドの手術例としては大きな傷跡が残ってしまっています。

オスグッドの手術例3


ここまで頑張ったのだから、痛みは取れるだろうと考えていたらしいのですが、

現実は違いました。

ここまでの手術をしても、バレーボールに復帰すると痛むのです。

オスグッドと同じ痛みが出てくるとのことです。

これを心配されたご両親の方から、当院のオスグッド外来にご連絡をいただきました。

なぜこのようなことが発生するのでしょうか?

この症例をもとに、オスグッドの痛みについて書いてみたいと思います。


兵庫県三田市 つつじが丘接骨院
東京都渋谷区 装具製作ラボ

2016-01-19 09:21:37

コメント(0)

折りたたむ

  • 件 (全件)
  • 1